薄毛は親から遺伝する?

薄毛治療
↑薄毛を気にし始めたなら即対応!

薄毛が親から遺伝する可能性はあります。
ただし、遺伝がすべての原因ではなく、あくまでも薄毛のひとつの原因と考えられます。
たとえ親が薄毛でなくても、後天的な生活習慣の乱れによって症状が出てくる可能性はあります。
例えば、脂っこい食事ばかりに偏ってしまうと、頭皮が脂っこくなって毛穴が詰まり、発毛しづらくなります。それによってヘアサイクルが乱れて成長期の髪が少なくなり、休止期の髪が増えれば薄毛になります。
感受性を決める遺伝子は、X染色体に存在します。X染色体は母親から受け継がれる遺伝子です。父親からのX染色体を受け継いでも、感受性は高くならないので薄毛の可能性は低いです。
研究では、遺伝が原因の薄毛は全体の25%と言われています。
ただし、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の感受性が高いかどうかは母方の遺伝子が大きく影響します。つまり、母方の祖父が薄毛だと、その孫の髪が薄くなってしまう可能性が高くなるということです。母親、つまり女性はAGA(男性型脱毛症)になることは少ないので、AGAへの影響に関しては、母方の祖父の髪が薄いかどうかで隔世遺伝すると言えます。
AGAの原因のひとつである酵素II型5α-リダクターゼの活性は、優性遺伝で決められます。この活性の高さは父母の遺伝子に関わらず優性遺伝で受け継がれます。
なので、どちらかの親がII型5α-リダクターゼの活性がある遺伝子を持っていれば、子どもに遺伝してしまう可能性はあるということです。
遺伝だけですべてが決まるわけではありませんが、薄毛について言えば、隔世遺伝で決まることが多いです。それも、母方の遺伝子、つまり祖父の遺伝子が大きく関係しています。